パワーストーン通販【天然石ワールド】 HOME > Q & A > パワーストーン(天然石)の浄化の仕方について教えてください。

パワーストーン(天然石)の浄化の仕方について教えてください。

パワーストーン(天然石)の浄化の仕方について教えてください。

パワーストーンの浄化のポイント

 
1. パワ-ストンの上に左手をかざしながら、このパワ-ストンが自分に必要か聞く
(ビリビリ するとか冷たい、暖かいとか感じられる)
2. 1個だけ選んで持つのも良いが、出来れば必要と感じたものを幾つか選んでブレスレットやネックレスにして、いつも身に付けるようにする。
3. パワ-ストンの種類や等級によって価格が違いますが、高価なものが貴方に必要とか、良く合うというものではありません。
4. 色々な石を見ている時に自分を呼んでいるように感じる石に出会う事があります、いわゆるインスピレ-ションがはたらくわけですが、こんな石に出会えたらラッキ-です。
すぐに手にいれるべきでしょう。
5. 石を手に取り、目を閉じて、その石を持っている自分をイメ-ジしてみて、うれしい気持ち、楽しい気持ちが伝わって来るようならいい石です。
6. 一番大切なのはパワ-ストンが手に入ったらこの石と一生つきあう、という気持ちを持ってきちんと浄化して大事に扱う事です。

その後のパワーアップ

パワーストーンを手に入れたら常に石を清める事、つまり浄化をしなければなりません。

浄化の方法には、人により、国や地域により様々な方法があり、浄化は最初だけではなく、ヒーリングを行ったあと、しまいこんでいた石を再び使い始める時などにも必ず行います。

効力が薄れたなと感じた時にも、浄化を行う事で元気を取り戻します。

1. まず パワーストンをカップ一杯の塩水に5分間位つけてみましょう。
余分なエネルギ-を消します。
2. よく 水道水で流しましょう (人差し指と親指でオ-リングのようにして石を持ちます)
悪いものが水と共に外に流れてパワーストーンがキレイになったとイメ-ジします
3. 「下水を通じ川や海まで流れ、きれいになった!」と視覚イメ-ジを持ちましょう。
4. 直接 太陽の光にあててパワ-アップしましょう (5分間程度)
パワーストーンは太陽の光を浴びることによって、エネルギーを充電します。
5. 1-2週間に一度もしくは、 浄化したほうがいいなと、思った時に浄化しましょう。
6. 波動の強い良い石も、化学薬品、電磁波等のマイナス波動に負けることがあります。
電磁波の強い場所や家庭の化学薬品、洗剤等から離しておいてください。

日頃のケアとお役立ち情報

1. 定期的に浄化すること、 肌身はなさず身につけておくこと、 ポジティブな考えを持ち続けること
(ネガティブな思いや考えが浮かんだら必ず否定し取り消す事)
寝る時も枕の下か、周辺に置いてください。
2. パワーストーンのエネルギーと接触する。
パワーストーンを手に握って静かな環境の中で座り、深呼吸しながら、精神、肉体ともにリラックスしてください。 そしてパワーストーンに波長を合わせてください。
最初手の平に、かすかな振動や雑音のようなものを感じる人もいます。
そしてクリスタルの波動が調和し、融合し始めます。
3. [その他の浄化の方法]

天然のあら塩に埋める
適当な容器に、天然に近い塩を入れ、その上に石を置くか、あるいは塩の中に一昼夜置いておく。終ったあとは真水で洗浄し、良く拭いて乾かす。

土に埋める
(自然がいっぱいのきれいな場所)石を綿や麻などの植物繊維の布でくるみ、適当な大きさの穴を掘って埋めます。埋める場所はその上を人が通らない所、 埋める期間は、最低3日間。

水晶クラスター(群生)の上に乗せる
いくつもの結晶が思い思いの方向を向いており、どの方向にも沢山の光を発します。この上に石を暫らく載せておくと、自然に浄化が行われ、エネルギーを充電する事ができます。

スマッジ・スティックで燻蒸する
その煙の中に石をくぐらせます。ドライハーブやお線香やお香をいぶした煙でも良い。
4. 熱に敏感なパワーストーン (お風呂や太陽熱に気をつける)

・アメシスト -弱い熱で色が褪せ、強い熱で色が消える。
・水晶・マラカイト -急な温度変化を避ける。
・ラピスラズリ-高温を避ける。
・トルマリン -高熱で色が変わる。
・トルコ石  -どんな熱にも敏感。
ご質問一覧へ戻る
このページの先頭へ戻る